手汗の悩みと汗っかきで体臭が気になる時の対処法

私は物心ついた時から人一倍手汗の量が凄くて、事ある事に苦労せざるを得ないという事が何度もありました。気温湿度季節問わず手汗が出てくるので、授業中はハンカチが手放せませんでした。

うっかりハンカチを家に忘れてきてしまった日には教科書やノートは見るも哀れな姿になってしまいます。自分の手汗でふやけていくそれらを見るのは心が痛むと共になんだか恥ずかしくていたたまれない気持ちでいっぱいでした。

クラスメイトの誰かに見られたら嫌なので必死に隠しました。私は幼稚園の時からピアノを習っていて、学校行事や式典などで伴奏をする機会が多かったのですが、いかんせん手汗が酷いのでその度に冷や冷やしました。手汗で滑って違う鍵盤を触ってしまうのではないかといつもそればかり考えながら弾いていました。学生でなくなった今でも手汗の正しい対処法は分からずでどうしたらいいものかと頭を悩ませています。

汗をかく事は健康的でとても良い事ですが、自分でもわかる体臭はとても気になります。私は仕事中、夏場は体臭がするなと感じる事が多く、隣にいる人がどう思っているのか気になります。

そこで気をつけようと思ったのが、まず汗をかく事は良い事なので仕事中は休憩などでTシャツなどは取り替えるようにしていますが、その他は食べ物に気をつけています。

普段の仕事では、どうしようもないのできつくない香水や、ボディークリームなどを使用し、職場に着いたら汗を拭くなど気をつけています。また、当然制汗剤は欠かせないのですが、できるだけ汗を抑えられて消臭力が高いものを選ぶようにしています(アセッテナイがお気に入りです)。食べ物は、ファストフードや匂いのきつい食べ物を食べると、汗にもその臭いが出てくるので、臭いが気になりたくない時は、食べ物をヘルシーなものに切り替えるなどして気をつけています。

汗は健康な証拠なのでどうにもならなくても、臭いだけは少しでも対処できるように心がけています。